自給自足的生活「大変だけど、生きてます。」

田舎暮らしや自給自足生活についての本音を綴る裏ブログ

自給自足畑2017年春蒔き種の結果

f:id:uniwa:20170809185708p:plain

今年から参入で、土壌改良から始めたので播種のスケジュールがだいぶ押し、

種は買ったけれども諦めた野菜もいくつかあります。

約20種類植えた結果はこんな感じになりました。

 

■食べる分が十分に確保できた

エゴマ、シソ、ニラ、玉ねぎ、サニーレタス、にんにく

→葉物系は小さい時から食べられるので失敗なしですね。後は種が採れるかどうかです。玉ねぎとにんにくに関しては去年の秋に土壌改良前の土地に植えたのもあって不安だったので途中から「おしっこ液肥」で追肥した結果大きいとは言えませんが満足のいく収穫量でした。

 

■収穫前だが順調

ポップコーン、大豆、小豆、黒豆、じゃがいも、さつまいも、かぼちゃ、ズッキーニ、ミニトマト

→ズッキーニのみ食用の収穫を終えて種待ちです。その他は一見成長には問題ない感じですが掘ったり開けてみないとわからないものばかりなので果報は寝て待て状態です。

数年間はこの土地に合った種にする事が目的なので収穫量が上がらなくても種になれば上々の出来だと考えています。

 

■何かしらの原因で食べるに至らず

もちあわ、ごぼう、かぶ、キャベツ、ほうれん草、食用ビート(ビーツ)

→うまく行かなかった原因は様々です。

  • もちあわは種子が古かったせいか発芽せず。
  • ごぼうは植えたのを忘れて放置していたら食害にあって消えていました。
  • かぶは小さく良い感じになってきたなと思って抜いたら食害にあっていて凸凹でした。
  • キャベツは播種の方法を間違えて間引きできないくらい密集してしまったので放置です。
  • ほうれん草は本にも難易度上級と書いてあり、最初の生育は良かったのですが土壌の養分が足りなさすぎて早期に花を咲かせ採種して終了です。
  • ビーツは播種時期が遅かったのか、双葉から大きくならずに今も一応いますがこのまま秋になるのを待つのみな状態です。

ハーブや果実を入れるともう少し色々あるのですがそんな感じで

残りの夏は草マルチ&米ぬかで少しでも秋蒔き種や来年の春に向けて土を肥沃に

しながら引き続きやっていきたいと思います。